派遣の求人に応募した経緯!不安を感じながらもチャレンジ

家庭の都合で地元に帰りたいが求人が少ない

地元から離れたところで働いていましたが、親の体調が悪くなったので戻ることになりました。
そこで問題になったのは仕事を辞めなければならないことです。
もともと職の募集が少ないという理由で都会に出たのに、地元に帰ってもろくな仕事があるように思えません。
そもそも正社員の新規採用を行っている企業はほとんどないのが実情です。
数年経っていたので状況が変わっているかと思いましたが、その期待はあっけなく裏切られることになります。
有名な求人サイトをチェックしたところ、わずか3件しか正社員を募集していませんでした。
しかも、いずれも希望の年齢が書かれており、それらはすべて自分より下だったので諦めざるをえません。
その現実をしっかり直視すると、流石に正社員として雇ってもらうのは不可能だと悟りました。
とはいえ、遊んで暮らすような余裕がないことも確かです。
どんな形でも構わないので、収入を途切れさせるわけにはいきません。
何としても働き口を見つけなければならない立場です。
そうなると、派遣社員として働くことが必然的に有力な選択肢となります。
正社員であった頃は、派遣社員を自分より下の地位のように感じていました。
もちろん偏見であり良くないことだと分かっていましたが、そのような雰囲気が社会全体に漂っていたように思います。

家庭の都合で地元に帰りたいが求人が少ない : 正社員の求人が無いので派遣会社に登録 : 派遣先を2件紹介され吟味して選択

colorless派遣の仕事を探すなら